ダイエットの妨げにならないように質の良い睡眠をとることが大切です。

MENU

睡眠とダイエットは関係する?

 

ダイエットのために睡眠をしっかり取る女性

突然ですが、みなさんは毎日しっかり睡眠をとっていますか?

 

一見、ダイエットとは無関係に思える睡眠ですが、実はそこには深い関係性があります
良質な睡眠はダイエットにも効果的ということです。

 

では睡眠とダイエットには一体どのような関係があり、なぜ睡眠がダイエットにつながるのでしょうか?

 

睡眠中に増えるホルモンに秘密があった

 

睡眠中には、体の機能を保つ上で大切なホルモンの増減が盛んにおこなわれます
中でも食欲に関係する「レプチン」と「グレリン」というホルモンは、ダイエット中には押さえておきたい重要なホルモンです。

 

「レプチン」は、脂肪細胞から分泌されるホルモンです。
レプチンはエネルギーの摂取と、その使い道を調整する、という体にとって重要な働きを行っています。

 

まず、脂肪細胞からレプチンが分泌されると、脳の司令塔である「視床下部」というところに働きかけます。視床下部はレプチンを受け取ることによって、体に満腹を感じる信号を発し、それと同時に体内の交感神経にエネルギーを消費する事を命令します。

 

つまり、レプチンは食欲の増進を抑制し、さらにエネルギーの消費を促してくれる役割があるのです。

 

これはダイエットの強い味方といえますね。

 

「グレリン」は、主に胃から分泌されるホルモンです。
グレリンの働きはレプチンと反対で食欲を増進させる作用を持っています。

 

レストランでお腹いっぱいご飯を食べたのに、デザートが出てくるとつい食べてしまったという経験が誰しもあると思います。
それは実はこのグレリンが作用しているとも言われているのです。

 

この相反する作用をするレプチンとグレリン。
普段はバランスを取り合って常に私たちの食欲をコントロールしてくれています。

 

しかし、睡眠不足になると、食欲を増進させるグレリンの分泌が増加し、満腹を感じるレプチンの分泌が減少してしまう事が分かっているのです。

 

さらに、グレリンの量が増えると、エネルギーを補給しようとする作用が強くなり、炭水化物や油ものなどの高カロリーのものが食べたくなってしまいます

 

 

しっかり眠ることでホルモンバランスを正常化する

 

ダイエットには睡眠が重要なことがお分かりいただけましたか?

 

睡眠不足によって太りやすい体質になることがないよう、睡眠は毎日しっかり取るように心がけましょう
理想は7時間~8時間眠ることが望ましいですが、最低でも5時間程度は眠るようにしてください

 

また、ホルモンの分泌を正常化するためには、質の良い睡眠を心がけましょう。睡眠の質を下げてしまうアルコールやカフェインの摂取は寝る前は避け、リラックスした生活を心がけることで、良質な睡眠を手に入れましょう。質の良い睡眠は、きっとあなたのダイエットをサポートしてくれるはずです。